2月の季節行事

京都市上京区

2021/02/03

0

View 82

週間View 9

2021年も一か月が過ぎましたね。

1月の京都は、例年よりも寒くなかった気がします。

2月は立春を迎え、暦の上では春になりますね!

いち早く春の訪れを感じたいものです。

 

それではさっそく2月の季節行事をご紹介します。

 

2日 節分

立春の前日、季節の分かれ目のこと。

本来は春夏秋冬すべてに節分があり、昔はすべての節分で行事が行われていました。

その中でも一年の始まりとされる春が最も重要視され、節分は現代にも残っているのです。

 

3日 立春

立春は一年の始まりの日、つまり元旦。

「立春大吉」と書かれたお札を玄関の高い位置に貼っておくと、泥棒が入らないといわれています。

お札は自分で書いたものでもOKです!

 

8日 針供養

使えなくなった裁縫の針を神社に納めて供養する行事。

使っているうちに曲がったり折れたり錆びたりした縫い針に対して、感謝と労りの気持ちを込めて供養しましょう。

また、お裁縫の上達を願うという意味もあるといいます。

 

12日 春節

Chinese new yearとも呼ばれる旧正月は、中国や東南アジアの国々で盛大に祝われている行事です。

例年旧正月シーズンになると、日本への観光客も爆増しますよね。

日本でも、沖縄や南西諸島では旧正月の風習が行われています。

 

 

気になる行事があれば、近所で催しがないか、自宅でできることはないか、探してみてください。

もちろん、冨田屋はいつでも大歓迎です。

古くから伝わる日本人の慣習、あなたもきっと楽しめます。

 

 

冨田屋
T A G

記事の投稿者

株式会社 冨田屋

国登録有形文化財冨田屋にて文化を伝える教育機関として公開しております。予約のお客様に見学しきたりの話をし京都の歴史を学んでいただいております。 6つの庭、3つのお茶室、3つの蔵、2つの井戸があり、通りに面した母屋と表蔵は典型的な表屋造りの特徴をもち、明治期の大店の姿をいまに伝えています。 昭和十年に増築された離れは、座敷と応接間、茶室の三棟で構成され、特に茶室は武者小路千家官休庵九代家元・千宗守氏により「楽寿」の名を頂戴しています。

Author Related News

投稿者に関連するニュース

イベント

2020/12/02

イベント

2021/01/02

イベント

2021/02/03

観光情報

2021/03/03

観光情報

2021/04/06

観光情報

2021/05/13

観光情報

2021/08/04

Area Related News

京都府に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース