そのかわいさに、身も心も“ほっこり”する「雪だるままつり」

白山市

2016/02/08

佐賀県三養基郡基山町宮浦185−2 1F

View 50

週間View 1


石川県下最大の面積を有する白山市(はくさんし)は、日本三名山の一つである霊峰白山のお膝元の町。その中にある白峰(しらみね)は、日本有数の豪雪地帯であり、古くから独特な文化が栄えてきた伝統ある地区です。そこでは毎年「雪だるままつり」が開催されています。


住民が毎年、趣向を凝らした大小さまざまな雪だるまが約1,500体ならびます。それぞれの自宅前に作られた雪だるまは、ロウソクの優しい灯りでライトアップされ、町全体が幻想的な雰囲気になっています。


寒い季節に、見ているだけでやさしい気持ちになれる雪だるまに、身も心もほっこりできること請け合いです。




<白峯雪だるままつり>


開催日:2016年2月12日


場所:白峰地区(石川県白山市白峰ロ65-2)


白山市観光ウェブサイト


http://www.urara-hakusanbito.com/





T A G

記事の投稿者

【公式】みんなの観光協会編集部

エスビージャパン株式会社・代表取締役、一般社団法人トラベルテック協会・代表理事。 兵庫県神戸市出身。若いときから旅が好きで、ニューヨーク、ジャマイカなどへ語学留学し、 帰国後に沖縄県へ移住して株式会社チャイルドフッド創業。 出版事業をてがけ、全国11都府県でガイドブックなどを発行しました。 その後、エスビージャパンを創業し、色々な観光・地域活性事業を立ち上げ続けています。 「No Travel , No Life!」でアフターコロナ―を乗り切ります!

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

石川県に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース