コアな沖縄リピーター必見! 八重瀬の新観光ブランド

八重瀬町

2016/01/25

佐賀県三養基郡基山町宮浦185−2 1F

View 49

週間View 1


沖縄本島の南側に位置し、那覇空港から15キロほどとアクセス便利な八重瀬町。町名から<八重山>など離島と間違えられることもあり、地域としての知名度はまだ高いといえる地域ではありません。そんな八重瀬町で、新たな観光ブランド作りがはじまりました。


八重瀬町には、沖縄最大・最古の「富盛(ともり)の石彫大獅子」に代表される、多くの文化財や史跡が残る地域です。この石獅子はシーサーのルーツとも言われるているそうです。そうした文化財を軸に、さらに町名にかけた「八重瀬八景」が制定され、さまざまなプロジェクトが始動しています。


【選定された8箇所】


●富盛の石彫大獅子


●ハナンダー(自然橋)


●具志頭のフクギ並木


●港川漁港


●ホロホローの森(具志頭遊歩道)


●ぐしちゃん浜


●西部プラザ展望台及び小城集落


●八重瀬岳


各場所にまつわるストーリーを章立てで紹介する、公式サイトも開設されました。沖縄の穴場スポットを探しているリピーターの方に、おすすめです。


参考URL:八重瀬八景公式サイト

http://www.town.yaese.lg.jp/yaese_sight/hakkei/




T A G

記事の投稿者

【公式】みんなの観光協会編集部

エスビージャパン株式会社・代表取締役、一般社団法人トラベルテック協会・代表理事。 兵庫県神戸市出身。若いときから旅が好きで、ニューヨーク、ジャマイカなどへ語学留学し、 帰国後に沖縄県へ移住して株式会社チャイルドフッド創業。 出版事業をてがけ、全国11都府県でガイドブックなどを発行しました。 その後、エスビージャパンを創業し、色々な観光・地域活性事業を立ち上げ続けています。 「No Travel , No Life!」でアフターコロナ―を乗り切ります!

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

沖縄県に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース