自転車で春の風を感じよう!「越知川名水街道 春物語」

神河町

2016/03/14

0

佐賀県三養基郡基山町宮浦185−2 1F

View 108

週間View 1


兵庫県のほぼ中央、平成17年に神崎町と大河内町が合併してできた神河町。面積の8割を山林が占め、千町ケ峰を筆頭に千ケ峰・暁晴山など1000m級の山々に囲まれた町です。そんな自然豊かな神河町で、春の訪れを楽しめるイベントが開催されます。


その名も「越知川名水街道 自転車下り」。行きは約20キロを自転車でサイクリングして自然の中を探索したり、名所を観光しながらゴールを目指します。帰りはバスでスタート地点へ送迎してもらえるので、安心して参加できそうです。先着10名には自転車のレンタルも準備されています。また、1区間約15分間隔で点在する7か所の休憩所では、スタンプラリーや「かみかわグルメ」も用意されています。各スポットに立ち寄りながら、ゴールを目指す自転車下りがおすすめです。


【イベント概要】


日時:2016年4月24日(日)受付10時~11時


場所:スタート/ 新田ふるさと村、ゴール/グリーンエコー笠形


参加費:大人1000円、小学生~18歳800円 ※レンタルサイクルは別料金


参加特典:合計7か所の「おもてなしグルメ」無料、スタンプラリーでのお土産、バス送迎を含む


※事前予約制です


問い合わせ:神河町観光協会 電話:0790-34-1001



かみかわ観光ナビ


http://www.kamikawa-kankonavi.jp/




また、3月20日(日)にはJR寺前駅前にて「カーミンの春まつり」が開催。町のキャラクターである、カーミンに出会った回数に応じてビンゴに参加できる「カーミンのビンゴ」も開催されています。




神河町のキャラクター「カーミン」

T A G

記事の投稿者

【公式】みんなの観光協会編集部

エスビージャパン株式会社・代表取締役、一般社団法人トラベルテック協会・代表理事。 兵庫県神戸市出身。若いときから旅が好きで、ニューヨーク、ジャマイカなどへ語学留学し、 帰国後に沖縄県へ移住して株式会社チャイルドフッド創業。 出版事業をてがけ、全国11都府県でガイドブックなどを発行しました。 その後、エスビージャパンを創業し、色々な観光・地域活性事業を立ち上げ続けています。 「No Travel , No Life!」でアフターコロナ―を乗り切ります!

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

兵庫県に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース