日本一の茶の里で暮らすように過ごすワーケーションプラン登場!

掛川市

2021/06/16

0

View 105

週間View 3





世界農業遺産 茶草場農法によるお茶作りを昔から続ける日本一のお茶生産地の里で、お茶に寄り添うように暮らすお茶農家さんや地域の人たちとの交流や触れ合いを楽しみながら、家族で暮らすように過ごすワーケーションをご提案いたします。



3歳以上のお子様であれば森のようちえんのスタッフがお預かりするサービスもあるので安心してお仕事の専念できるのも当会がワーケーションをお勧めする理由です。



1か月以上の滞在なら2箇所の宿泊施設に住み替えしながらのステイが出来るのもおススメ理由です。



高齢化と後継者不足、さらにお茶離れによる消費減少という課題多い当地の主産業である茶業にも是非首を突っ込んで頂き、ご意見をお聞かせいただきたいです。



T A G
#ロードバイク
#ウェルネスツーリズム
#農泊

記事の投稿者

かけがわ粟ケ岳山麓農泊推進協議会

お茶どころ静岡県内でも屈指の生産地 掛川市でお茶と共に暮らす人々の暮らしや文化を体験を通じて楽しんで頂きたく農泊事業に取組んでいます。

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

静岡県に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース