自治体主導で観光施設の一括Googleマイビジネス登録を!

2021/07/28

0

View 303

週間View 4

いくつかの自治体はGoogleマイビジネス(以下GMB)が国内,国外ともに観光客誘致に必須だと気づき,GMB登録推進対策をとっています.



地域の観光施設や名所がGMB登録をすすめるところと,そうでない地域で,今後大きな差がついてくることが予測されます.



下の図は,ある自治体で行ったGMB登録セミナー参加・不参加観光施設のレビュー件数を統計解析した結果です.



施設間で統計学的に有意な差が認められました.



 






 



 



なぜ観光施設のGMB登録が必須なのか



下の図は,検索サーチエンジンの利用率です.



Googleは世界で9割,日本で8割を占めています.



 






例えば,海外で「日本」「観光」で検索を行った時に,どのような検索結果が出るでしょうか?



 



こちらは,Googleの検索アルゴリズムに関する説明です.https://www.google.com/search/howsearchworks/algorithms/



”最も有用な情報を表示するため、検索アルゴリズムはさまざまな要因(検索クエリの単語、ページの関連性や有用性、ソースの専門性、ユーザーの位置情報や設定など)を検討します。各要因に適用される重み付けはクエリの性質によって異なります。たとえば、最新のニュース トピックに関するクエリに回答する場合は、言葉の定義に関するクエリに回答する場合よりも、コンテンツの鮮度がより大きな役割を果たします。”



 



つまり,現在地から近い,Googleから信頼があつい(更新されている,レビュー評価がよい)場所などが検索リスティングの1ページ目,上位に表示されることになります.



 



GMB登録を行い,適切に管理をすることが,旅前観光客獲得に必須という訳です.



 



しかしながら,ある自治体で,観光施設に対してGMB登録推奨を行ったところ,ほとんどの観光施設は登録に積極的ではありませんでした.



 



その理由は,その管理施設を管理する指定管理者が,登録により煩わしい業務が発生することを恐れたからです.



 



実際は,管理に大きな手間は必要ありませんし,むしろ,管理しなかったときの方が,乗っ取りや悪質レビュー放置など問題がおこり,労力が発生する可能性があります.



 



世界が動き出す準備段階にある今,ぜひ,自治体主導でGMB登録から管理まで一括で行うことをお勧め致します.



 



また,それぞれの観光施設の強み(どんな観光客がひきつけられ,何に高い満足度を得るのか)を知るための相関研究もセットで行うことをお勧めしています.この調査により,その自治体,観光施設が力をいれるべきこと,誰をターゲットにどんな対策をするべきか,統計解析で具体的に示せる可能性があります.




GMB登録から一括管理,強み探索のための相関研究について詳しく知りたい方は資料をお送り致しますので,下記サイト問合せフォームをご利用ください.


https://ai-medical-ri.com/










 



 



 



 



 

T A G

記事の投稿者

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

長崎県に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース