九州旅行の柳川:福岡のベニスは、小舟で水郷の町を巡る

柳川市

2020/06/09

0

八重洲2丁目8−7 福岡ビル 4F

View 192

週間View 4

文:ワン ユエニン



こんにちは、中国大連から来た九州大学の本科3年生です。



ワンユエニンと申します。よろしくお願いします。福岡県留学生協会の留学生代表として、柳川旅行体験について投稿します。



“花輪を編む時はいつもあなたを思い出して、水辺に行く。遠くに霧が立ちこめている山並み、古い城壁、森の入り口、静かで深い静寂、青い空も澄みきっている”。日本の有名な詩人、北原白秋は「落日の花」で故郷の柳川を懐かしがる。



柳川市は福岡の最南端に位置している。福岡市内と佐賀空港から遠くない、地元の観光遊覧船を体験したり、柳川に沿って古めかしい街並みを鑑賞したりする。






春の末から夏の初めにかけて、留学生協会に従って天神駅から電車で柳川に行った。














この時、城内は至るところ柳愛々としています。江戸前時代のお堀で、観光客だけを乗せた小木舟が巡行しています。小舟は狭い水門を通り抜けて、四通八達の川の中を通り抜けています。船頭は地元の小歌を歌っています。柳川人はこのような柳川遊びを「清流舟を浮かべ」といいます。柳川はいくつもの人工川をめぐって交差しています。「どんこ船」に乗って一周するには70分ぐらいかかります。70分の遊覧船の旅は長いが、全然退屈ではない。船頭のあらゆる技がいつでも驚くことができるからだ。簡単な外国語であなたと話ができる以外に、雰囲気に合わせて歌を歌う。さらに船頭は特技を披露して直接橋に上がる。前の船が近づくのを待ってから、船に戻ってきる。舟を浮かべる日本水郷は、船頭が深く浅い行船とともに、藩政時代の遺跡を間近で見ることができる。








遊んでいるうちにお昼になりました。柳川の有名なグルメ、蒸し器のうなぎ丼が欠かせません。普通のうなぎ丼との違いは、蒸し料理だ。ご飯の下に新鮮なうなぎを敷いてソースをかけて炭火で蒸し、卵の糸を加えて蒸して、一度か二回蒸したら、うなぎの肉の質が柔らかくなり、入り口が溶ける。うなぎの肉は蒸すので、いつもより柔らかい感じがする。炭火焼きの味がする。ご飯はソースの香りにしみ込んでいる。卵の皮の糸を加えて一緒に食べたら、脂っこいだけでなく、軽い香りもする。そして、伝統的な日本の熱いお茶を添えて、この美味しいものを忘れられないようにする。






柳川は日本に旅行に来て必ず行くところだと思う。九州の水上の故郷で、水の美しいところだ。5月に来て、日本版ベニスを模したゴンドラに乗って、美しい紫陽花や初夏の紫陽花が満開になり、美しい風情の水上旅行が始まる。当然ながら、季節によって、両岸の川岸はいつも季節に応じて花が満開で、4月の桜、5月のホトトギス、6月のアジサイがある。季節ごとに季節ごとの特色があるので、柳川に来て、季節ごとの魅力を楽しんでください。





T A G
#柳川
#ベニス
#うなぎ丼
#北原白秋

記事の投稿者

みんなの観光特派員グループ

FOSA 福岡県留学生の副会長です。留学生の代表として、観光協会の特派員をやっています。どうぞよろしくお願いいたします。

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

福岡県に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース