外国人を熱狂的にトリコにする日本の細かいデザイン

2020/06/17

0

佐賀県三養基郡基山町宮浦185−2 1F

View 49

週間View 5

こんにちは、中国大連から来た九州大学3年生の留学生ユエニンです。よろしくお願いします。福岡県留学生協会の代表として、日本の細かいデザインについて発表します。



なぜ外国人が日本に来たら熱狂的に買い物するのでしょう? 日本には生活に便利なあたたかいデザインがあります。日本人は何でもないことでも、これらの細かなデザインはわが国にはなく、珍しいデザインが多くの外国人の注目を集めています。美しい外観は消費者を引き付ける第一歩。日本のものは美しくて使いやすいし、生活の中で様々な人間性のデザインも感心させられます。これらのユニバーサルデザインの製品を見てみましょう。



中国では、ヨーグルトを飲むと、蓋を舐めないというのがお金持ちの生活様式とされています。しかし、実際には、日本人はヨーグルトを舐めないことを知っていますか? 蓋がヨーグルトを一滴もつかないため、日本のヨーグルトは蓋を舐める必要がないのです。







最近人気のUCC職人のドリップ コーヒーバッグは日本オリジナルの特許包装のデザインです。茶の葉の袋のように、コーヒーを入れます。紙袋を漉す矢印の方向に沿って引き裂いて、両側を開けて耳を掛けて、カップの口にかけてお湯を注ぐだけでいいです。低フィルタ式のコーヒードリップ方式はコーヒーの品質に対する要求を満たしています。簡単な工程は忙しいビジネスマンにとてもありがたいです。







3.視覚障がいの者のための包装



日本の牛乳の包装に、妙な円弧の欠けたところがあります。このような欠けたところのデザインは、視覚障がい者のために設計されたもので牛乳の包装だけでこのような区別がされています。このような溝は、視覚障がい者に飲み口の正確な位置を教えることもできます。牛乳パックの他にも、缶の上部に点字があり、視覚障がい者はお酒とアルコール度数を判別できます。
















実はこのようなデザインはまだたくさんあります。例えば、おにぎりの包装は海苔の香りも保存できます。ラーメンカップの下のシールはカップラーメンを作る際に蓋を密封するのに利用できます。




ラーメンを食べてスープを飲む時、ラーメン椀の底の字に気づきます。チューインガムの包みもゴミ処理に使えます。コンビニのディスペンパック(ケチャップとマスタードが同じ容器に入っているもの)は片手で同時に絞り出すことができます。他に、プリンのカップの底は1つの小さい突起があるので、皿の中にひっくり返して小さい突起を倒すとプリンが変形せずに全部出てきます。



日本の至れり尽くせりのデザインは日々の生活が便利と感じさせてくれます。私たちの生活の中で不便なことが発生しても、日本のあたたかいデザインのおかげで改善されました。驚くべき日本の包装文化の背後には、日本の職人の意匠精神が隠されています。彼らは過度に爆発品を追求するのではなく、細部まで磨き続けています。デザイナーたちは作品を設計する時、こだわりの追求は美観だけでなく、人間本位のユーザー体験もあります。


T A G
#ユニバーサルデザイン
#意匠

記事の投稿者

みんなの観光特派員グループ

FOSA 福岡県留学生の副会長です。留学生の代表として、観光協会の特派員をやっています。どうぞよろしくお願いいたします。

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

福岡県に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース