menu

2020.06.22

プロモーション

埼玉県飯能市

野外施設で三密回避!「飛び跳ねる」って最高!!

「ファンモック」とは森の中に張り巡らされたネットの中を自由自在に遊び回れる施設です。
フランスのグロア島の漁師さん達が、漁で使っていた漁網をヒントに考案されたアクティビティです。
ヨーロッパではメジャーになりつつあるファンモックですが、アジアでは日本・韓国・シンガポールだけです!!
2019年4月に埼玉県飯能市に上陸しました(^o^)

こんにちは!PANZA宮沢湖です。

今回は
「飛び跳ねる事で特に子供たちの感情やストレス軽減」
「大人も子供も、飛び跳ねる事は体のこんな所に良いんだ!」と言った点をご紹介します!!

【飛び跳ねる=感情表現】
子供達は年齢にもよりますが、大人程「語彙力」がありません。
だからこそ「走り回ったり」「大きな声を出したり」「跳び回ったりと」体を使って表現します。

嬉しかったり、興奮したり、怒ったりした時に良く飛び跳ねますよね?
今の時代、スマホやPCを使って「文字」で自分自身の感情や思いを表現したり相手とコミュニケーションを取る事が多い子供達(大人もですが)が多くなっています。

私自身、「文字」だけでのやりとりは相当多いです。
そう言った環境で生活しているからこそ、ストレスや自分自身の感情のはけ口はやはり「文字」や「PCで繋がった世界」に向けられ、「文字の暴力」や今の世の中で普通になってしまった「SNS上の文字のいじめ」なんて事にもつながっているのかも知れません。

体で表現してこその感情だと思います!!
体を思いっきり使ったで感情の表出はストレスを残しません!!
身体表現が減少していることと、子どもに今ストレスが蔓延しているということには関係があるのかもしれませんね。

外出自粛でストレスも抱えている方も多いかと思いますが、もし身体を動かすに当たり、選択肢の一つとしてPANZA宮沢湖を選んでいただけたら幸いです♪♪

この記事を書いた投稿者

株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン

「ファンモック」とは森の中に張り巡らされたネットの中を自由自在に遊び回れる施設です。
フランスのグロア島の漁師さん達が、漁で使っていた漁網をヒントに考案されたアクティビティです。
ヨーロッパではメジャーになりつつあるファンモックですが、アジアでは日本・韓国・シンガポールだけです!!
2019年4月に埼玉県飯能市に上陸しました(^o^)