menu

2020.05.30

プロモーション

南三陸町

全国の皆様とこの町をつなぐ「未来の交流券」南三陸でまた会いましょう

宮城県北東部に位置する港町です。基幹産業は養殖漁業。湾の中では牡蠣やホタテ、ワカメなどが養殖されています。2011年3月11日 東日本大震災は多くのものを奪い、そして多くのことを教えてくれました。震災の教訓を伝えるプログラム、地域の元気を届けるイベント、自然を活用したアクティビティなどを準備し、地域一丸となって、皆様のお越しをお待ちしております。

【未来の交流券】とは

・新型コロナウイルス拡大が収束し、交流を再開できる状況になってからご利用いただける「交流の先行予約券」です。
・南三陸での宿泊や体験プログラム、各種交流イベントを先行予約できます。
宿泊は通常の3,000~5,000円、体験プログラム・イベントは3-5割お安く購入できます。

※緊急事態宣言解除及び5/26公表の宮城県からのガイドラインに基づき、交流券の利用開始を7月10日から可能とします。
(5/30決定)

なお、今後一部の地域で感染拡大の兆候やクラスターの発生が見られる等の場合は、ご利用可能日を延長する場合がございますので、予めご了承願います。

〇宿泊施設のご利用可能日
全宿:7月10日(金)から交流券を活用してご利用いただけます。
〇体験プログラムの予約可能日
7月10日(金)から交流券を活用してご利用いただけます。
※藍染体験・里山古民家でカフェ時間・ランチ時間は7月16日~
※海藻ふりかけ作り体験は受け入れ時期未定

 

【ご購入からご利用までの流れ】

①ご希望の未来の交流券を「みなみな屋eマルシェ」(南三陸町観光協会運営)から購入。
※購入の時点でお支払い(クレジット払いまたは銀行振込)いただきます。
②6月30日(火)販売終了
③7月1-3日で交流券を順次発送。お手元に届き次第、ご購入のお宿やプログラム提供団体に直接ご予約ください。
ご予約方法等についてのメールと交流券の送付をさせていただきます。
④予約日当日、南三陸町で思う存分楽しい時間をお過ごしください。

 

【販売期間】

2020年5月20日(水)~6月30日(火)
※売り切れ等で販売期間中でも終了となる場合がございます。
※交流券をご利用頂ける期間は、交流券がお手元に届いてから1年間、2021年6月30日までとなります。

 

【ご購入方法】

■WEBからのご予約
南三陸町観光協会が運営する「みなみな屋eマルシェ」から
■お電話・メールからのご予約→南三陸町観光協会
TEL:0226-47-2550(9:00-18:00) mail:post@m-kankou.jp

 

【お支払い方法】

・サイトからご予約の場合、クレジットカード払いまたは銀行振込をご利用ください。
・お電話、メールからのご予約の場合、指定口座へのお振り込み確認と同時に予約完了となります。
・お振り込み先
七十七銀行志津川支店 普通9100733
一般社団法人南三陸町観光協会 会長 及川吉則

 

【ご利用にあたって】

・宿泊についてはお一人様4枚(4名分)まで購入いただけます。
・体験プログラムやイベントについは購入可能枚数が異なりますので、各ページでご確認ください。
・譲渡可能、贈答用としてもご利用いただけます。その際は予約時に購入者の氏名をお伝えください。
・お客様のご都合での払い戻しは受付できません。
・提供施設、団体のやむを得ない事情で、ご希望の宿泊やツアーの提供ができなくなった場合、同クラスの宿泊施設や代替プランへの変更をご案内させていただきます。

 

【参画施設・プラン一覧】

施設・プログラム一覧

この記事を書いた投稿者

南三陸町観光協会

宮城県北東部に位置する港町です。基幹産業は養殖漁業。湾の中では牡蠣やホタテ、ワカメなどが養殖されています。2011年3月11日 東日本大震災は多くのものを奪い、そして多くのことを教えてくれました。震災の教訓を伝えるプログラム、地域の元気を届けるイベント、自然を活用したアクティビティなどを準備し、地域一丸となって、皆様のお越しをお待ちしております。