7月22日開始!Go To Travelキャンペーンの内容と割引額を詳しく解説

2020/07/21

0

八重洲2丁目8−7 福岡ビル 4F

View 537

週間View 1



新型コロナウイルスに消費が落ち込んでしまった観光・旅行業を支援する目的で、国内旅行を最大1/2の費用で利用できる「Go To Travelキャンペーン」が7月22日より開始します。




この記事では、Go To Travelキャンペーンの詳しい内容と、具体的にどのくらい安く国内旅行を楽しめるのかを解説していきます。




Go To Travelキャンペーンとは?





新型コロナウイルスの流行によって経済的な被害を受けてしまった旅行、観光、飲食、イベント・エンターテイメントといった事業に対し、利用者への割引などのキャンペーンを行うことで需要を換気し、支援しようという「Go To キャンペーン事業」。



そのうち、旅行・観光に関する取り組みとして行われるのが「Go To Travelキャンペーン」です。



Go To キャンペーン事業全体では、Go To Travelキャンペーンを含め、以下4つのキャンペーンが展開されます。




Go To Travel キャンペーン 

割引やクーポンによって国内の日帰り・宿泊旅行代の最大半額を支援するキャンペーン


Go To Eatキャンペーン

食事券やポイントを発行し、飲食店の利用を支援するキャンペーン


Go To Eventキャンペーン

割引やクーポンtによってイベント・エンターテイメントのチケット代の2割相当を支援するキャンペーン


Go To 商店街キャンペーン

商店街でのイベント実施や観光商品の開発等の取り組みを行うキャンペーン

 




全て新型コロナウイルスによる打撃を受けてしまった事業が対象となっており、Go To 商店街キャンペーンを除く3つは、消費者の費用の一部を負担することで、消費を活性化させようという取り組みですね。



Go To キャンペーン事業は国内全土(東京発着を除く)を対象とし、大規模な予算のもとで実施されます。



Go To Travelキャンペーンの内容





 



Go To Travelキャンペーンは国内旅行の割引が主な内容とお伝えしましたが、ここからは割引内容や開始時期等についてより詳しく見ていきましょう。



 


旅行の代金の最大2分の1相当の金額を支援


Go To Travelキャンペーンでは、国内の宿泊旅行では1泊あたり2万円、国内旅行では1万円を上限として、旅行代金の2分の1相当の金額が割引されます。




例えば1泊2日で旅行代金が3万円だった場合には、、1万5000円が割引されるというわけですね。




注意点としては、割引の上限が宿泊の場合1泊あたり2万円、日帰りの場合1万円と設定されているため、例えば1泊2日で5万円の旅行代金がかかったとしても、2万5000円ではなく割引は2万円となります。




連泊日数やキャンペーンの利用回数については無制限となっています。




Go To Travelキャンペーンの対象となるのは、旅行代理店や旅行予約サイトが販売している、宿泊と交通機関の利用がセットになった旅行商品です。



個人で宿泊施設や交通機関の手配を全て行い、旅行プランを組む場合には、宿泊施設の利用料のみが対象となり、交通機関の利用料については全額自己負担となるため注意してください。



割引の内訳としては、7割が旅行代金、3割が旅行先での観光や飲食等の代金となっており、後者については「地域共通クーポン」という形での支給が予定されています。




そのため、旅行パッケージ全体の料金が2泊3日で8万円だった場合、4万円が割引総額となり、そのうちの7割である2万8000円は旅行代金からの割引、1万2000円は地域共通クーポンの付与という形になります。



 

地域共通クーポンについて


地域共通クーポンとは、旅行先の加盟店で利用することができるクーポン券で、観光施設の利用、飲食店での食事、お土産の購入等に充てることができます。




支給形式は紙のクーポン券とスマホ等で使える電子チケットが予定されており、金額は端数を四捨五入して1000円単位で付与されます。


加盟店での利用にあたっておつりは出ず、余っても払い戻しはできないという点には注意しましょう。




Go To Travelキャンペーンの開始時期


続いて、Go To Travelキャンペーンの詳しい開始時期について解説します。




料金の割引と地域共通クーポンの配布で開始時期が異なるため、注意してください。

 


旅行・宿泊代金割引は7月22日スタート


Go To Travelキャンペーンにおける宿泊施設と交通機関の利用料割引については、7月22日以降出発の旅行予約が対象となります。




こちらは地域共通クーポンの付与に先行してキャンペーンがスタートしています。




例えば先ほどの例で2泊3日8万円の旅行プランを予約した場合、4万円が割引総額となりますが、内訳は旅行代金が7割ですので、2万8000円の割引のみが適用される形です。



それでは、地域共通クーポンの付与はいつから開始するのでしょうか。



地域共通クーポンは9月より配布開始


旅行先での観光や飲食、お土産購入等に使える地域共通クーポンは9月以降の配布開始予定となっています。




そのため、地域共通クーポン配布開始前の日程での旅行に関しては、割引は最大35%になります。




こちらは7月現在での予定となっており、地域共通クーポンの詳細な配布開始時期等についてはまだ発表されていません。





Go To Travelキャンペーンの利用シミュレーション





記事内でもいくつか具体的な数字を挙げてGo To Travelキャンペーンの割引について紹介しましたが、実際どのくらい安くなるのかが分かりやすいように、より詳しいキャンペーンの利用シミュレーションを行ってみましょう。




<Go To Travelキャンペーン利用シミュレーション1>


旅行者数:2人


旅行日数:3泊4日


1人あたりのパッケージ価格:4万5000万円


上記の例の場合、1人1泊あたりの旅行代金は1万5000円となり、割引額の上限以内に収まるため、以下の金額が割引されます。




1泊あたり1万5000円×50%×3泊×2人=4万5000円


このうち、宿泊施設・交通機関利用料の7割が割引、観光地での出費3割が地域共通クーポンでの付与となるため、パッケージ価格から3万1500円が割引され、1万3500円分のクーポンが支給される形となります。




<Go To Travelキャンペーン利用シミュレーション2>


旅行者数:3人


旅行日数:日帰り


1人あたりのパッケージ価格:2万5000円



上記の例の場合、1人あたりの旅行代金の5割は1万2500円ですが、日帰り旅行の割引上限額は1万円となるため、割引価格は以下の様になります。




日帰り割引上限1万円×3人=3万円



また、旅行代金として7割の7000円が割引され、観光施設や飲食店の利用料3割は地域共通クーポンでの支給となります。



2つのシミュレーションを見ていただければ分かるとおり、実際には旅行のパッケージ価格+旅行先での支出が発生しますが、地域共通クーポンは旅行パッケージ価格の中の3割で計算されるため、実際の旅行費用総額からの割引額は、5割を下回ることになりそうですね。



例えばシミュレーション1のケースは5割フルでの適用となっていますが、3泊4日の間に1人1万円ずつ使った場合、支出の総額は割引後の旅行代金である4万5000円+観光地での出費2万円で、6万5000円の負担となります。



しかし、それでも本来11万円かかるところが6万5000円万円で済んでいると考えると、非常にお得なキャンペーンであることは間違いありません。




まとめ


Go To Travelキャンペーンの詳しい内容について解説しました。


Go To Travelキャンペーンを利用することで、最大で5割近く実費負担を抑えて国内旅行を楽しむことができます。


ぜひこの機に、お得に国内旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

T A G

記事の投稿者

みんなの観光協会<第3編集部>

山口県出身。エスビージャパン株式会社プランニング部兼九州プロレス公式レフェリー。 趣味は地図を読み続けること。場末の飲み屋街・老舗食堂・田舎の商店街・古い駅舎を愛し、地図を片手に日々、妄想の旅を続けている。

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

その他に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース