源泉かけ流しの魅力を体感、散策コース「温泉アラカルト」。

弟子屈町

2021/11/29

3

北海道のひがしの真ん中、弟子屈町。明治37年の開湯以来、強酸性の特異な泉質で多くの湯治客に愛されてきた川湯温泉街には、あったか~い川が流れている。



名付けて「温泉川」。まちなかに100はあるという源泉が注ぎ、流れている川の水は約40℃を保っているのだ。

 

昨年から地元の人たちが清掃に励み、「温泉川」を長靴などを履いて歩けるようにしたところ、川湯の新しい魅力として話題に! なんたって、“歩ける足湯”。冬はマイナス20℃を超えることもあるが、足元からポカポカと温まりながら散策できるようになった。



この冬は、「温泉川」をスタート地点としたコースを紹介したい。その名も「温泉アラカルト」。岩盤の上をジャブジャブ歩いたら、整備されたばかりの温泉川遊歩道で蒸気浴を堪能。真冬は湯けむりが凍り、霧氷ポイントとしても人気が高い。



その後は、川湯神社へ。手水舎には、なんと60℃の源泉が沸き出ている。ここで手湯を体験したら、すぐ近くの飲泉や足湯にもチャレンジを。そして最後は、隣接する「川湯の森」を巡りながら森林浴まで! 川湯温泉を、五感で体感してもらおうという提案だ。



阿寒摩周国立公園内に位置する、自然豊かな川湯温泉。アトサヌプリ(硫黄山)の麓、大地のエネルギーを存分に生かした“新しい湯治”で、心身共に健やかになってみませんか?

 

*川湯温泉の詳細は、以下のサイトよりご確認ください。

 

川湯温泉

https://www.kawayu-onsen.com/


弟子屈なび

https://www.masyuko.or.jp/

T A G
#温泉川
#新しい湯治
#足湯
#温泉街
#森林浴
#温泉アラカルト
#川湯神社
#川湯の森

記事の投稿者

一般社団法人 摩周湖観光協会

ひがし北海道、阿寒摩周国立公園に位置する「弟子屈町(てしかが町)」の観光協会です。神秘の湖「摩周湖」、日本最大のカルデラ湖「屈斜路湖」、大地の鼓動を体感する活火山「硫黄山」。多様で雄大な大自然と豊富で多彩な泉質の温泉を是非満喫して下さい。https://www.masyuko.or.jp/

Author Related News

投稿者に関連するニュース

Area Related News

北海道に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース