民泊2ndPlaceが取り組む感染症対策

横浜市鶴見区

2020/12/04

0

View 187

週間View 2

投稿お読み頂きありがとうござます。


このブログは民泊ホストがアフターコロナに向け、鶴見がFITに選ばれるきっかけの一助となるよう、地域の魅力や民泊の取り組みについてを記しています。


 


コロナ感染拡大が止まりませんが、いつになったら収束に向かうのでしょう…


ウィズコロナの現在、2ndPlaceでは宿泊客の安全対策として「非対面・非接触」の民泊運営を取り入れました。



【安全・衛生対策】





① タブレット型検温器の設置


 





②自動手指消毒器の設置


 





③タッチレス洗面設備の設置


 





④テンキータイプ電子錠の設置


 





⑤抗菌・抗ウィルス性フィルムの使用


(ドアノブ、照明スイッチ等接触頻度が高い箇所)


 





⑥「感染防止対策取組書」の掲示


 



【ステイケーション】









⑦プロジェクターの設置


Netflix見放題にしています。お部屋時間を楽しんで頂けたらと考えています。


難しい局面ですがこの危機を乗り越え、アフターコロナの未来に向けて頑張っていこうと思います。

T A G
#Trip.com
#ステイケーション

記事の投稿者

Author Related News

投稿者に関連するニュース

インバウンド・海外PR

2020/07/25

インバウンド・海外PR

2020/08/21

インバウンド・海外PR

2020/12/04

インバウンド・海外PR

2021/02/14

Area Related News

神奈川県に関連するニュース

Recomendation

おすすめニュース