menu
Languages

町おこしを成功させるには?実際の成功事例・アイデアも紹介!

記事投稿者 みんなの観光協会<第3編集部>

所在地: 佐賀県基山町

みんなの観光協会の第3編集部です! 地方創生や観光系、地域活性系のニュースを定期的に配信します。

READ MORE

 

人口の流出によって活気を失っていく町を再び盛り上げるために町おこしをしたいけれど、どの様に取り組めば良いのかわからない。

その様なお悩みをお持ちの方は、ぜひこの記事をご一読ください。

 

町おこしへの取り組み方と、実際に成功を収めたアイデアの具体例を紹介します。

 

町おこしとは

町おこしとは、地域の人口を増加させたり、経済と社会を活発化させたりするための取り組みのことです。

「街おこし」「まちおこし」と表記される場合もあり、また村の場合には「村おこし」、そしてこれらをまとめて「地域おこし」と表現することもあります。

 

2014年に安倍政権によって開始された政策である「地方創生」と共通する部分もありますが、町おこしは商工会や農協といった地元の団体や地域住民による主体的な取り組みに対して町おこしという言葉が使われる傾向にあります。

 

町おこしの実際の取り組み

 

ここからは町おこしを行うために、実際にどの様に取り組めば良いのかを見ていきましょう。

 

人口の増加

町おこしにおいて真っ先に挙げられる取り組みが人口増加を目的としたものでしょう。

地方の衰退の根本的な原因の1つが人口の減少であり、その解決のためには、住民の流出を減らし、さらに外部からの移住を促進する必要があります。

 

具体的な取り組みとしては、Iターン・Uターン移住の支援や、空き家や公営住宅の提供、家賃補助といった居住支援、若年層増加のための子育て支援となどの経済的支援が挙げられるでしょう。

また、それと併せて保育所の整備といった子育て環境の充実、学校施設を始めとする教育環境の向上、インフラの整備など、住みよい環境を整えることも重要です。

 

ただし、経済的な支援や環境の整備は潤沢な予算が必要となりますが、過疎化が進む自治体ほど継続的な実施が難しいという側面があります。

また、実際に経済的な支援によって一時的な移住が見込めたとしても、長期的な定住に結びつくかどうかはわかりません。

 

そのため、新たな産業の創出や企業の誘致などによって雇用を生み出し、自然と人が集まる循環を生み出すことも人口増加のためには重要な施策となります。

次ページは: 「産業振興や観客誘致について」

1 2 3

この記事を書いた投稿者

みんなの観光協会の第3編集部です! 地方創生や観光系、地域活性系のニュースを定期的に配信します。

観光施設情報