menu
Languages

地域ブランディングとは?取り組む上でのポイントと成功例を紹介

記事投稿者 みんなの観光協会<第3編集部>

所在地: 佐賀県基山町

みんなの観光協会の第3編集部です! 地方創生や観光系、地域活性系のニュースを定期的に配信します。

READ MORE

 

地域ブランディングは地域を活性化するために注目を集める手法の1つです。

しかし漠然と言葉は知っているものの、具体的にどの様に地域をブランディングすれば良いのか分からずにお困りではないでしょうか。

 

この記事では地域ブランディングへの取り組み方と、実際の成功例を紹介します。

 

地域ブランディングとは

地域ブランディングとは、その地域特有の魅力を広く発信し、良いものとして認知してもらうことでブランド化を図る取り組みのことを意味します。

 

ブランディングは名産品や観光資源といった具体的なモノである場合もあれば、町や地域そのものをブランド化し、「○○といえば~」といった形で町の名前からすぐに特定のイメージを連想できるようにする場合もあります。

 

少子高齢化が進む中での地方都市への人口一極集中に伴う地方の過疎化、地場産業の衰退による税収の減少、アジアを始めとする海外からの安価な製品輸入による特産品の競争力低下など、地方が様々な課題を抱えるようになった昨今では、人口増加や産業の振興などによって地方を活性化する方法の1つとして、地域ブランディングの重要性は増しています。

 

それでは地域ブランディングを行うためには、具体的にどうすればよいのでしょうか。

次の項からは、地域ブランディングへの取り組み方を紹介していきます。

 

地域ブランディングを行う際のポイント

 

地域をブランディングすることは決して簡単ではなく、地方創生や地域おこしの一貫として地域ブランディングに取り組んでみたものの、うまくいかずにいつの間にか立ち消えとなってしまったという様なケースは珍しくありません。

 

ここからは地域ブランディングの成功のために押さえるべきポイントを4つ紹介します。

 

地域ならではの特色を発信する

地域ブランディングを行う上で最も重要なことは、その地域ならではの魅力的な特色を発信するということです。

 

いくら手広く発信を行ったところで、その中身に魅力を感じ、共感してもらえなければブランド化することはありません。

地域ブランディングに限らず、一般的なブランディングで考えてみてください。

例えばある商品が機能や価格、背景にあるストーリーなどに関して、全く特徴がなかった場合に、いくら宣伝を頑張って広く認知を獲得したとしても、ブランド化するでしょうか。

地域ブランディングについてもこれと同様で、他の地域にはない、その地域ならではの強みを発信しなければブランディングすることはできません。

 

こう書くと魅力的な歴史や文化、特産品や自然環境などを持った地域でなければブランディングが難しいのではないかと思われるかもしれません。

しかし一般的に分かりやすい観光資源などがなくても、必ず地域に固有の特色というものがあるはずです。

それを洗い出して深堀りし、どの様な形で発信するのかを工夫することで、どんな地域でもブランディングができる可能性はあるのです。

 

実際にその地域に済んでいる人ほど固定観念に囚われがちな傾向がありますが、フラットな視点から自分たちの地域を分析し、ブランディングできそうな地域資源の洗い出しを行ってみてください。

 

次ページは: 「意識するべき3つのポイント」

1 2 3

この記事を書いた投稿者

みんなの観光協会の第3編集部です! 地方創生や観光系、地域活性系のニュースを定期的に配信します。

観光施設情報