menu
Languages

地方創生とは? 成功のポイントと3つの成功事例を紹介

記事投稿者 みんなの観光協会<第3編集部>

所在地: 佐賀県基山町

みんなの観光協会の第3編集部です! 地方創生や観光系、地域活性系のニュースを定期的に配信します。

READ MORE

都市部に人口が集中し、地方が活力を失う中で重要性が高まっている「地方創生」。

地方創生によって地域を活性化させるためにはどうすればよいのでしょうか?

 

この記事では、地方創生成功のためのポイントと、実際の成功事例を紹介していきます。

 

地方創生とは

 

地方創生とは第二次安倍内閣によって2014年に開始された地方活性化を目的とした政策です。

まち・ひと・しごと創生とも呼ばれ、その目的はまち・ひと・しごと創生法の目的規定である第一条に示されています。

 

(目的)

 

第一条 この法律は、我が国における急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくためには、国民一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営むことができる地域社会の形成、地域社会を担う個性豊かで多様な人材の確保及び地域における魅力ある多様な就業の機会の創出を一体的に推進すること(以下「まち・ひと・しごと創生」という。)が重要となっていることに鑑み、まち・ひと・しごと創生について、基本理念、国等の責務、政府が講ずべきまち・ひと・しごと創生に関する施策を総合的かつ計画的に実施するための計画(以下「まち・ひと・しごと創生総合戦略」という。)の作成等について定めるとともに、まち・ひと・しごと創生本部を設置することにより、まち・ひと・しごと創生に関する施策を総合的かつ計画的に実施することを目的とする。

 

出典:http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_housei.nsf/html/housei/18720141128136.htm

 

わかりやすく噛み砕いて言うと、地方創生は国と地方自治体や企業が一体となって地方の人口減少を食い止め、地域経済を活性化しようという取り組みと言えるでしょう。

 

地方創生に取り組む重要性

なぜ今の日本において地方創生に取り組む必要があるのでしょうか。

その最も大きな理由は、地方から人がいなくなり、経済が縮小してしまうことを食い止めることです。

 

少子高齢化が進む日本においては、日本全体で人口の減少傾向があるものの、都市部と地方とでは事情が異なります。

地方では特に労働力の中心を担う若者の人口流出が著しく、さらに老年人口も減少しつつあります。

つまり、人口が減少しているという点では共通しているものの、実際には地方から都市部に向けて若年層を中心に人が流れる一極集中の状況になっているのです。

 

そのため、相対的に見ると地方の人口減少がより著しく、過疎化が進む中で消滅の危機に瀕している地方都市も少なくありません。

この様な状況を改善するためにも、地方創生に取り組むことで地方都市の経済を活性化して雇用を生み出し、人が集まる流れを作る必要があるのです。

 

地方創生を成功させるポイント

 

地方創生の成功のためには、十分な資金の調達や秀逸な事業アイデア、地元民の協力など様々な要因がありますが、その中でも最も重要なのが、その地域ならではの魅力をキャッチーに伝えることです。

 

住民の都市部への流出が進む中で人を呼び込み、経済を活性化させるためには、その地域を魅力的であると思ってもらう必要があります。

そのためには、なぜその地域ではなければならないのかという理由付けが必要となるため、地域資源の見極めをしっかりと行った上で、それをどの様に発信していくかという点をしっかりと考えた上で地方創生に取り組むことが成功の鍵となるでしょう。

 

次ページは: 「地方創生の成功事例3選」

1 2

この記事を書いた投稿者

みんなの観光協会の第3編集部です! 地方創生や観光系、地域活性系のニュースを定期的に配信します。

観光施設情報