menu
Languages

2020.09.16

移住・定住

ワーケーションとは?概要やメリット・注意点、企業による事例を紹介

記事投稿者 みんなの観光協会<第3編集部>

所在地: 佐賀県基山町

みんなの観光協会の第3編集部です! 地方創生や観光系、地域活性系のニュースを定期的に配信します。

READ MORE

 

働き方改革の一環として登場したワーケーションは、コロナ禍による在宅勤務の増加により、さらに注目を浴びるようになりました。日本でもワーケーションを導入する企業が増えていますが、そもそもワーケーションとはどのようなものなのでしょうか。

 

この記事では、ワーケーションの概要やメリット・注意点、そしてワーケーションを導入した企業の事例までご紹介します。企業にとって、そして従業員にとってどのような制度なのか、ぜひチェックしてみてください。

 

 

ワーケーションとは

 

ワーケーションとは、ワーク(Work)とバケーション(Vacation)を組み合わせた造語です。日本で一般的にその名が知られるようになったのはつい最近のことですが、アメリカでは2000年頃には既にワーケーションを導入した企業が存在していたといいます。

 

ここにきて日本でワーケーションが注目を集め始めている背景には、日本の有給取得率の低さが大きく関与しています。休みながら仕事ができる環境を整えて、従業員が気を遣わずに休暇を取るための方法論として、ワーケーションが活用されはじめているのです。

 

さらに、昨今のコロナ禍がこれを大きく後押しする形になったといえるでしょう。

 

 

テレワークとの違いについて

ワーケーションと似た働き方として、コロナ禍の中では「テレワーク」を導入する企業が激増しました。この2つがどのように違うのかというと、簡単に言えば「休暇中に働く」のか、「オフィス以外を使って通常に業務する」のかという違いです。

 

テレワークは、あくまでも通常の業務を、オフィス以外のどこかの場所を使って行うという意味です。テレ(Tele)は「離れた」という意味の日本語として扱われるので、休暇ではなく、普段通りに働いているという扱いになることが一般的といえます。

 

一方でワーケーションのベースは「休暇」になります。数日間から数週間程度の休暇の中に仕事を組み合わせるというのが基本的な考え方です。そのため、仕事場となるのは旅行先のホテルや旅館、あるいは帰省先の実家などになることが普通です。

 

 

ワーケーションのメリットとデメリット

 

ワーケーションを導入することにより、企業と従業員はそれぞれどのようなメリットを得られるのでしょうか。双方が感じられるワーケーションのメリットについて、デメリットも交えながら項目別に詳しくお伝えします。

 

次は: 「企業が感じるワーケーションのメリット・デメリット」

1 2 3

この記事を書いた投稿者

みんなの観光協会の第3編集部です! 地方創生や観光系、地域活性系のニュースを定期的に配信します。

観光施設情報